監視カメラのポイント

監視カメラと防犯カメラの特徴

どちらのカメラなのですが、どういった違い・特徴があるのでしょうか?
例えばマンションオーナーさんや管理組合がカメラを導入する場合はどちらを選ぶのか迷ったりします。
実際には取り付け業者に依頼をするのでしょうが、それでも基礎知識として知っておいて損はありません。
今回は【監視カメラと防犯カメラの特徴】について迫ります。
 
防犯カメラは映像を録画しておいて、何か事件や事故が起こった場合に再生して確認する特徴があります。
防犯効果を出すために、ここに防犯カメラが付いていることを言葉でも付け加えて掲示したりしています。
 
監視カメラの特徴は、人物やシーンをライブでチェックするイメージです。
監視する場所が別室であるのです。有人で監視するわけです。
マンションの管理人の場合はどうでしょうか?
管理人そのものの仕事があるので、この場合は監視カメラというよりも防犯カメラになります。
監視カメラも防犯カメラと同じで録画して再生されます。
 
それほど、違いを気にする必要もないのかもしれません。
同じカメラのシステムでも利用用途によって違うだけです。
カメラそのものも監視カメラ用とか防犯カメラ用とか区別していないようです。
特徴を敢えて言うと、お客さまにカメラの存在をあからさまに見せると
プレッシャーを感じて買い物がしにくいですね。
そんな場合は監視カメラになるのです。
逆に万引きが多いようなところは防犯カメラとして、犯罪抑止効果を出しているわけです。
 
少し違いが見えてきたのではないでしょうか?
防犯カメラの目的は犯罪抑止です。
だからカメラの存在を目立たせないとだめですが、監視カメラは目立たないほうがいいのです。
実際に銀行のATMのところには防犯カメラがあります。機械にも顔を撮影する監視カメラがあります。
大きな規模の店舗になると、防犯カメラと監視カメラの両方で犯罪を防いでいるのです。

防犯カメラと監視カメラの特徴